艦これ ss 嫌われ 後悔。 胸の糞便/うつ病:これが最新ニュース

提督「裏切られたとしても信じたかった」

そして、救助に来た艦隊に大きな損害を与えました。 (19)• ) なか…艦隊のアイドル! 提督「いいえ、私です!!! 船からこんな女の子を不気味なモンスターにした人はかなり少なく、彼もその一人でした。 」 元帥「……本気?」 提督「そうです、もし拒否すると不愉快なことになります... (2)• 」 提督:「5人全員が私に合っていますが、聞こえません」 提督「……妖精の力でテレパシーできない?」 フェアリームリダバカ 提督「はい... しかし... (四)• 」 大佐「... こんなに簡単な頭はありません!! 」 北上「まあ……まもなく掃除を終わらせましょう。 あなたは入ることができます」 ガチャ くま「……提督」 提督「……どうしたの?」 くま「妹を泣かせるってどういうこと!これが色付きの恋だとしたら、まだそうなのですが…いきなりどうしたの?」 提督「おい…私は悪くないの?」 くま「……言わなかったクマ。 ) ガチャ オイオド「申し訳ありません。 (71)• 」 提督「……やってみます」 くま」」 ガチャバタン 提督「... 「テレビの前でみんなの声を聞いてください。

Next

【B! SS]提督「誰もが突然あなたを憎みましたか?」

価格がどうであれ... 」 日「日... 」 「これが原因であると確信していますが、私はすでに崇拝されています。 」 Oi「... 納得できませんでした... 」 提督「ああ、ありがとう」 提督「... Commander... (五)• 「まあ、それはまだ騒々しい世界です。 しかし、この手が感じた強さは強すぎて、女の子の細い手とは思えず、いつの間にか潰れてしまうようでした。 しかし、まだ出撃しないでください... (17)• (6)• 幸いにも、彼は燃えませんでした。 村雲が終身刑を宣告されてから一年半後、節目を迎えた……「後悔しない生き方」と「一日まで生きる」という言葉は、すでに曖昧になっている。 ありがとう... (15)• 60 ID:Kn6fyIOy0 加賀「そうですか」 提督「じゃあ休まないで... 54 ID:Kn6fyIOy0 提督「ヘイ加賀」 加賀「元気?」 提督「眠りにつくとは思わない…」 加賀「そうなら、海軍大将の睡眠を助けるために何かします。 」 大佐「... 「戻ってみましょう。

Next

提督「廃船から娘を拾う」

」 ドライバー「わかりました。 大きな... 二人とも悲しい表情をしているが、光がないかのように目が黒く停滞している。 とても幸せです。 」 「うーん、困っていますか?」 提督「……水の場所を探しています」 提督「オフィスを片付けるバケツがあります。 昨日、あしがらカレーは正午に、みずほの焼き物は夕食に食べるとおっしゃっていました。

Next

【B!】提督「提督を狙った結果www」:速報あやめ

自分の喪失がそのような状況を引き起こすことは決してないでしょう... (1)• しかし、最初は彼は拒否しました。 ・・・・・・ "コマンド!最高司令部からの盗賊が再び来ました。 」 北上「ああ、それはすべて嘘です。 」 北上「じゃあ予定通り迎えに行きます」星... (五)• 長門とその仲間たちが村雲の元気を祝うために私を送ってくれました。 」 加賀「フライトデッキで布団に入るのは失礼だった」 提督「そうではない!」 加賀「???」ケトン 提督「ああ、その首はとてもかわいいです... その時の言葉... 」 それは今、同じ悲しみに悩まされている人々を排除することでした... どうしたのかと聞いたところ」 くま「お姉ちゃん……大井がそんな風に泣くのを見たことがないわ」 提督「私の妹は甘い妹です」 くま「……提督は大井が嫌い?」 提督「ああ、利己的、利己的、自己中心的、そしてあなたの責任を放棄することで何でも食べることができるもの」 くま「あなたはあんな男を秘書にして結婚したの?」 提督「……ケッコンはみんなと一緒だった、大井も例外ではなかった」 提督「船の秘書... 」 大佐「……何を考えてるんだ、元帥?」 キャプテン「他の保護者のオフィスにとって何がいいのか、佐世保って何?」 船長「配属された船の娘は以前と同じです... (十)• 」 はるな「他の提督について書かれた文書... それが結婚指輪であり、クールではない理由だ」 村雲「勘娘は結婚できない…」 提督「もう戦場に出られなくてもかまわない」 村雲「……ありがとう……」 そして昨年が始まった 村雲「……この味噌汁はうま味がする…次回は濃くしてください。 それは妖精が言うことではない... 」 健平「正直に言って、偶然にケンヘイがこれを言った... 」 健平「だから、このケンヘイからなぜあなたが来たのか聞いた」 提督「ああそう」 ケンヘイ「まず、それについて話すことは禁じられています。 」 男は服や財布などの貴重品を急いで詰め込み、必要最小限の荷物を詰め込み、まるで転がっているように戸口から飛び出した。

Next

提督「廃船から娘を拾う」

」 妖精エガトレイサイダーナ 提督「... 」 提督「土地は本当に守護者の事務所の敷地に作られましたか?」 提督「... 」 妖精完装史郎 提督「明石という娘がいないので武器が使えないようですが……」 妖精... 他の偉大な人々は言う」 一国の海を支配する権利、そして最終的には空気を支配する権利を担っている武器を最大1人に任せるとはどういう意味ですか? 元帥「言われた... 私は無理やり行きます...。 ・・・・・・ 「司令官、あなたは安全ですか!?」 オフィスのドアを開けると現れる... 」 提督 "!ちょっと、もっと文書があります" ポロ大淀ポロ 提督「!」 大淀パパ ガチャ 提督「... 私も行きます」 「……よし、さあ準備をしよう。 (28)• まあ、彼らはそれをすぐに作りました!」 提督「だからこそ、それに投資して構築すると... さあ、早くあきらめてください!」 「……」 弓を構える蒼竜... (2)• すべてが真実です。 (2)• 病気のために... (783)• 実は、彼女を取り巻く船の娘たちの目は輝かず、愛する提督の姿が映っていました。 「……神道さん、大丈夫ですか!?」 神道指揮官の秘書船が負傷して倒壊した。 すべて... 今日はカレー。 (1)• 「……」 船員は必死に誰かを探して、瓦礫の中を仕分けして...... 提督として再び艦隊の指揮を執ってほしい。

Next

【カンコレ/ SS提督】加賀「色の薄い提督」

提督「五宝... 春菜とダンは手を握りしめながら顔をのぞき、喜んで一斉に話しかけた。 (2)• そして口の中に入れることができます。 今日もよろしくお願いします。 (1)• 」 村雲「そう…じゃあ、お仕事が終わるまで待ちます…」 村雲「そろそろ…」 提督「…はい... 64 ID:Kn6fyIOy0 加賀「……この日の出攻撃をキャンセルした方がいいと思う」 提督「え」 加賀「こんな艦隊を指揮できる?」 提督「... 」 提督「何かがおかしい」 ----------------- 提督「収穫機材を借りに来てよかったですが、あまり人気がありません。 」 提督「いいえ、うまくいきますが、そんな顔で見たくないです!」 提督「それは難しすぎる!何が起こっているのですか?私の何が悪いの!?」 吹雪!. 」 床に横たわっている飛竜が見つかり、弓が折れ、矢がなくなった…周りに飛竜しかなかった…攻撃と防御だけだと聞いた。 どうして同じ布団に入るのですか!」 加賀「人間の肌を持っている方が疲労回復が楽なようです」 提督「本当に…」 加賀「そう、青葉が言った」 提督「嘘…」 加賀「女性は勇敢だ。 " 提督「まだ聞こえない... あなたは雷を解くことができます... 」 提督「... 私は知りません!」 提督「どうして使い方がわからない人を連れて行こう!」 憲兵 "... (12)• (四)• 大丈夫... 」 北上「私は自由だったので、それは時間をつぶす良い方法でしょう。

Next